健康のためにサプリで仙豆パワー

健康のためにサプリで仙豆パワー

健康のためにサプリで仙豆パワー

「生活習慣」という言葉だけを聞けば、日々の生活を常に習慣化するというような良い意味のように聞こえますが、この後に「病」が付くと「生活習慣病」と最近は誰しも耳にする怖い病を引き起こす原因になってしまいます。

 

この病は何か?と調べる人やTV等でも耳にしますが、糖尿病、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症等が挙げられ、この一つだけでも予備軍や疑いがあると診断されれば、すぐにこの生活習慣を改める行動に出るのが普通かと思われます。

 

私たちの食生活が変わったり、移動においても便利な時代になり、デスクワークで仕事が成立する仕事が多くなっています。
それでいて定期的な健康診断には行かないということやストレスが大きく起因しています。

 

このストレス回避は非日常な時間が作れれば、自分の趣味嗜好に時間を費やしたりは出来ますが、欧米に比べ未だ「働く日本人、しかし休みは少なく、その休みも、ほぼ同時期に重なる」という、先進国ながらこのような社会のリズムに変化が示されないのも生活習慣化されてしまっています。

 

攻めて日常の打破の為に気軽に出来るのが「飲酒、喫煙、美味しいものを食べる」という仕事帰りでも気軽に出来ることが多いようです。

 

先程の三つのことをした場合、動かない、飲む、食べる、食生活が常に似たようなものになってしまい偏食で本来人間が必要とする栄養がバランスよく摂れていないということもあると思われます。

 

断る勇気、行かない勇気という等まず心の中で自分に約束事を作らないとなせないと思います。
私の知人も糖尿病でも結構重い症状だと医師に言われ食生活を見直したと同時に一度携帯電話を解約して、外部との連絡を絶ったそうです。

 

また、車の免許を持っていたのですが更新に行かず免許を返納して出来る限り歩き、公共機関を使い階段の利用、二つ前の駅で降りて会社に行き、帰宅も同様なことをして薬の服用もしながら見事、糖尿病から回復に至ったのです。

 

食生活ですが「まごわやさしい」という言葉が有りますが、これは頭文字の「ま」豆類「ご」ごま類「わ」わかめ等の海藻類、「や」野菜「さ」魚、「しい」椎茸等のきのこ類
これを実践しているアスリートも居ますし無論、一般の方も多いです。
長野県が長寿日本一になったのは簡単に言うと塩分を控えるということらしいです。私の親戚が長野県なのですが、味噌汁塩分の測る機械を抜き打ちでするという地道な活動がありました。

 

「美味しいもの=身体に悪い」とは言いませんが偏食は、ほぼ生活習慣病の引き金となり、あくまでも自分にあう軽い運動をし続け、ストレス発散(溜めない)と言うのが予防だと私は思っています。

 

高カロリー食品とかを目に見えるところに貼り身体に良くないという視覚効果も大切です。

 

他国に比べ美味しい食材を良く噛めば薄味でも美味しいです、美しい風景を見ながら歩く、身体を動かす。そして定期的な健康診断による検診こそ生活習慣病にならない、または遠ざける一番の健康的な方法だと思います。

 

ミドリムシのサプリメントミドリムシナチュラルリッチを飲んで生活習慣病予防しよう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ